今一番消したいもの:右上の検索窓

10月中旬にリリースされたSleipnir新バージョン「2.9」を今更導入したのですが…

右上の検索バー消せないってどういうことだよ!

これが嫌でIE7もIE8も捨てたのに。まぁ、理由はそれだけではありませんが。このIE6時代みたいな、ブラウザの上の方がシンプルな感じがいいんだよ!無用なアイコンも、ツールバーも、すっこんでろ!

Sleipnirだから、検索窓も設定で非表示にできると思っていたのに…どこを弄っても非表示になりませんがな。2.9.2で非表示できるようになるといいんですが…公式に要望出しますかね?

画像


画像


IE8の互換性切り替え機能(だっけ?)が付いたのはともかく、検索窓は場所をとりすぎて邪魔。それに、検索するたびに勝手に出てくるバー(2枚目の画像参照。タブバーの下に出ているもの)も邪魔すぎる。
というかこのバー、普通にgoogleで検索しても勝手に出てくるし、右クリックからの検索でも勝手に出てくる。タブを変えても表示が消えないし、設定でも出てこないようにできない。

しかもこのバー、使い道もあんまりないという謎仕様。削除しろとは言わないけど、せめて、設定で非表示にできるようにしてくださいよ…


とりあえず、自分はしばらくはSleipnir 2.8.5のままですね。
現状で特に不具合はありませんし、アップデートしなくても困りませんし。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック