プリニー隊 第841分隊ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラックブレットを読んできました

<<   作成日時 : 2011/08/17 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ブラック・ブレット―神を目指した者たちを読んできました。


今は亡きに似た感じの系統のお話ですね。まぁこちらは幼女も一緒に戦う上、相手も基本的に幼女が一緒なのでロリべ度は大幅に上昇しています。攻撃の度になんかいちいち痛い厨二な技名を叫ぶのさえ気にしなければ、ロリべとして楽しめるでしょう。

さらっと読んで気になった点は以下の通り


・2021年頃の自衛隊がクラスター爆弾を使用
クラスター爆弾は禁止条約の批准により2016年までには全廃されています。さらに作中では不発弾が〜とか言っていますが、規制対象外の新型クラスター爆弾は電子式自己破壊装置もしくは電子式自己不活性機能が必須となっているので、不発弾による被害については問題にならないはずです。

・空自の支援戦闘機からなぜかスパローミサイル
なぜAAM-4があるのにスパローミサイル…?

・警察はガストレアに初動対応することもあるのに、なぜか通常の銃弾が効果がないことを知らない。銃器タイプの武器を扱うプロモーターがかなりの数いると思われるのに、共に対応に当たることのある警察官がバラニウム弾を使用した銃について知らないのもおかしい。

・蛭子が最初に主人公を特別気に入った理由がイマイチ分からない…
最初に会った時に、自分と同じ新人類創造計画の犠牲者だと気づいて仲間意識を持ったのかと思ったら違ったし…

・主人公は仮にも戦闘のプロなのに、攻撃が効いていないと分かっても撃ち続けるアホ。さらに改造してあるとは言え元はベレッタなのに、フルオート射撃でボートを次々に弾痕だらけにして沈没させる蛭子… 民警の社長達などもそうだが、プロとは思えないほど無駄弾をバラまくやつが多い

・レールガンについて
確かにールガンは理論的には電気伝導体なら何でも弾体にできますが…さすがにアレはちょっと無理があるんじゃないでしょうか?というか東京湾に向けてレールガンなんて撃ったらソニックブームで大変なことになる気が…



あとは副題が誰を指しているのかがイマイチ分からないのも気になりました。「神を目指した」は新人類創造計画のことを言っているのでしょうか?しかしそれだと1巻の副題としては微妙な感じはしますね…

画像


全体的に設定に取り立てて目新しいところがなく、なんか嫌な感じの聖天子とか登場すらしていない生徒会長とかいろいろ説明不足な感がありますが、まあ何にせよ次巻に期待します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
黒パンだっていいじゃない。人間だもの
comic alive 2012年1月号ってもう発売されてたのね… 危うく買い忘れるところだったわ… ...続きを見る
プリニー隊 第841分隊ブログ
2011/11/29 00:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブラックブレットを読んできました プリニー隊 第841分隊ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる