プリニー隊 第841分隊ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ラノベで地雷やハズレを回避するためには

<<   作成日時 : 2010/11/13 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ライトノベルに限りませんが、せっかく金を出して本を買う訳ですし、できるだけ地雷作品や読んだ後「面白くなかった」と思うような作品は回避したいですよね。

「そんなん一般から入った奴には常識だろ!」とか言われそうではありますが、参考程度にどうぞ。


1:作者を調べてみる
ラノベ関連ではなぜか作者を気にしない人が多いのですが… これによりかなりハズレを回避することができます。明らかな地雷作家だけでなく、過去に自分が読んだ中で「気に入らなかった作品/つまらなかった作品」の作家も覚えておくことで、作者名で回避することが可能です。

まぁ、作者だって(大抵は)本を出すごとに進化していますし、過去の作品が悪かったからと言って即切り捨ててしまうのもどうかと思いますが。


2:タイトル/あらすじをチェック
実は、これらはあまり回避には役に立たないんですよね。
やたらキャッチーなタイトルだったり、意味不明すぎるタイトルだと要注意ですが、逆に言えばそれくらいでしか判断ができませんし。

あらすじに関しては
「あらすじは作者でなく編集が書いている場合も多い」
「明らかな嘘予告/大げさすぎるあらすじも多い」という2点を心得ておきましょう。
ぶっちゃけあらすじは内容を予想する参考、程度にとどめておくのが懸命。


3:あとかぎを読んでみる
思ったよりは役に立つのがあとがき。

読んでみて「何言ってるんだコイツ…」「いくらなんでも発言が痛すぎるだろ…」と感じる場合は、作品の内容でも共感できないどころか、読んでいて頭にくることも多いので、意外と役に立ちます。つまり「自分に合わない作者」をある程度判断することができるわけです。

ただしテンプレ通りの判で押したようなあとがきだったり、本文のネタバレが入っている場合は判断ができないのが難点。


4:最初の5ページくらい読む
なぜか中身も見ずに買う人が多いのが不思議で仕方ないのですが…
これはかなり効果があります。

「自分に合わない文章の作品」「出だしから意味不明な作品」「文章力が著しく低い作品」を弾くことが可能。というか「絵買い/タイトル買いによる失敗」を防ぐ上では必須。

欠点は、中盤から良くなる作品まで弾いてしまうことでしょうか。


5:20ページくらい読む
内容的にはCと同じですが、これくらい読めばより判断しやすくなります。
このくらいになると、ヒロインが登場したりするので。

画像


完全に電子書籍の時代になっても、冒頭20ページとあとがきは立ち読みできるようにして欲しいところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラノベで地雷やハズレを回避するためには プリニー隊 第841分隊ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる