プリニー隊 第841分隊ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS つっこんだら負けだと思いつつ緋弾のアリアZ

<<   作成日時 : 2010/10/25 15:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、緋弾のアリアVII 火と風の円舞を今更ながら読んできました。

やはりというか、なんというか、突っ込みどころ満載ですね。
まぁ、発売前から分かりきっていることですが。


・東海道新幹線の16号車を単独で走らせるのは不可能

東海道新幹線を走っている車両は300系、700系、N700系の3種類ですが、その中で16号車にパンタグラフ(集電装置)があるものはありません。そもそも16両編成中に2台しか置かないパンタを先頭車両に積む必要性は皆無(実際500系以降は全て5・13号車にパンタを積んでいる)なので、これからもないでしょう。

それ以前の問題として、新幹線は1両単独では運転できないので、16号車単独で走行させることは不可能。というか電車が原則として一両の状態で走れないのは常識だろ…


・新幹線の天井から架線までの高さは約575mm

速度的にも、風圧的にも、空間的にも、屋根の上で戦うのは無理!

列車上でのバトルは、遅くて広い客車列車、それも非電化区間を走っているものでやるのが精一杯でしょう… アメリカの大陸横断鉄道とかなら余裕で出来るでしょうが、新幹線ではやはり不可能。


・数々の急カーブはどうしたんだ?

例えば、終盤ココ一人が離脱した時点で速度は時速370km。走っているのは小田原〜新横浜間ですが、その速度で手前にある熱海駅付近の急カーブ(制限速度は時速170km!)は一体どうやって通過したのでしょうか…

ただでさえ1両運転で不安定なのに、さらにあのカーブを300kmオーバーで飛ばしたらどうやっても熱海駅のホームに突っ込みます。大惨事。


ちなみに、東海道新幹線の営業区間での最高速度は米原−京都間の下り線でN700系が出した時速330kmとかが最高だったはず。

画像


まぁなんと言うか… 作者の人は新幹線に乗ったことがないのかな?
エンターテイメントですし、全ての理論を完璧にしろ!とは言いませんが、これはあまりにもお粗末ではないでしょうか。こんなの映画でだってできませんよ…


毎回思うのですが、もうちょっとこのトンデモ展開を大人しくして、内容を考えるようにすればまだ読める内容になるのに…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
つっこんだら負けだと思いつつ緋弾のアリアZ プリニー隊 第841分隊ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる